食道癌漢方薬かぁ・・・。

喫煙、過度の飲酒が要因だと言われる食道がん。
喫煙者は、非喫煙者より2.24倍、食道がんにかかりやすいと言われているそうです。
また、女性より男性が多く、60代によく見られるそう。

 

喫煙や、飲酒の他にも熱い飲み物や食べ物を食べる事でのどの粘膜が傷つきやすくなることも
要因とされています。

 

そんな食道癌ですがいざなってしまったらどうしたらいいのでしょう?
治療法はステージによって違いますが、一般的に切除して化学療法、抗がん剤、食道内挿管法が
使われているようですが、この治療が苦難の道。
きっと皆さんもドラマや映画の影響で想像はつくと思います。

 

こういった治療に併用して、もしくはメインの治療に漢方選ばれている事、知っていましたか?
私自身、知りませんでした。
漢方は体本来の免疫力を高め病気と闘う、体に負担の少ないお薬です。
がんの患者さんにも多く選ばれているようです。
気になる方は”食道癌のための漢方薬”のサイトをご覧ください。

 

いくら病気が治るとは言えども苦しいだけの治療はちょっと…と思いますよね。
病は気からとも言いますし、漢方を使って少し心にゆとりを持てる治療が出来れば…と思います。

 

皆さんも、いざ!と言う時に漢方を使ってみるという選択肢を設けてみてくださいね。
出来れば、そういう日が来ない事を祈りますが…